FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スコーン 

PICT0007_convert_20081012153314.jpg
今日は子供が、お菓子を作ってほしい。。。なんてかわいいことを言ってくれるので、
チョコチップたっぷり入りのスコーンを焼きました。

このかわいいことを言ってくれたのは中1の息子。
最近反抗期というものの始まりなのか、どうも母親の言うことがうっとおしいらしい。
何を聞いても答えはそっけなくかえってくるし、かまわれるのがうっとおしいらしい。
主人からは、反抗期があるのは、まともに育ってくれてるって事や!
なんて言われて、子離れ、子離れ・・・と唱えてる今日この頃です。
その反抗期に足を突っ込んでいる息子から「お母さん、お菓子作って!」と言われたので
忙しい中、早速ほいほいと作ってしまった母である。
(本当はタルト・オ・ショコラか桜餅が食べたかったらしいが、めんどうだったのでこれになった!)

さてさて、スコーンにもいろいろあるけれど、本場イギリスでは、焼成時に生地が膨らむときのひび割れやくずれた感じを「狼の口」と呼ばれていて、この出来栄えが美味しさの決め手になるらしい。
この割れ目にフォークを入れて半分に割り、ジャムやクロテッドクリームをつけていただくそうです。

私も「狼の口」タイプのスコーンが大好きで、今日もまた15分間オーブンに張り付いて膨らみを見守ってしまった!
いまだ、作るたびに牛乳の量、粉の配合等などをすこしずつ変えて私好みの味を探してしまう。
まだまだ先は長そう。。。
次はオレンジピール入りのスコーンを作ってみよう(^^)

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://maaming.blog17.fc2.com/tb.php/13-7fd9a716

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。